ブログトップ

dolphin dance

宮古の風 発売より9年が経ちました。

CD「宮古の風」を発売して10年目へと。

Satokoのライブの始まりの一歩は、白血病とガンを宣告されたからでした。
このアルバムをデザインしてくださった中山万里さんも、当時、余命を宣告されたガン患者でもあり、それまでは森高千里、椎名林檎、福山雅治、平井堅などの有名ミュージシャンのCDジャケットやライブなどの撮影を中心に活動してらっしゃいましたが、だんだんと草花や自然を撮るようになっていきました。
そして、この2枚目の作品を仕上げた時に、彼女は旅立っていきました。


この10年間は色んなことがあって、一人ではとうに忘れてしまったり、思い出すのもイヤなこともありますが、それも全てひっくるめて、言葉にならない気持ちを歌にして、ステキな作品を残せました。
この青盤、赤盤の2枚のCDで、全てを完結したつもりでした。


そして、また新しく「Cafe Felicidade」としてスタートした私は
人が出会う場、語るという場作りを主体にした音楽活動もしています。

最近、このカフェ・フェリシダージ Cafe Felicidadeに関しての取材や講演、プロジェクトのアイデアを考えて欲しいという、面白い依頼が増えてきました。

この楽しい場の影響が少しづつ、外から見え始めてきたような気がします。
出会ってくださり、大切な気持ちをきかせてくださってありがとうございます。

心からの感謝の気持ちでいっぱいです。

原画は宮古島を拠点に活動されている天の川智子さんのオーラビジョンアートです。

http://meteor-color.com

Satoko CDの購入はこちらでもできます。
http://studioleda.shop-pro.jp/?pid=60407008


[PR]
トラックバックURL : https://bossatoko.exblog.jp/tb/21752542
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by bossatoko | 2015-05-01 10:14 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)