ブログトップ

dolphin dance

ヴィオロンの秋


08.28.2014

気温が低くなって
夏の風景を彩るひまわりの花は、急に色あせてみえてきました。


ギターの音色も、何か違う感じがします。
気のせいでしょうかね。
汗をかきながら弾くのも、気持ちよくって、スッキリしますが
秋になると探究心が旺盛になり、深みにはまって長時間弾いてたくなります。

ボサノバのギターは、難しいコードですよね?とよく聞かれますが、
押さえるのが容易なのもあり、
4種類覚えれば、弾ける曲もあります。
たった4つですよ。

難しいというよりも、ニュアンスが繊細という感じでしょうか。
暖かみのある音色と、一人一人のもつ個性的な声色。

ボサノバの味わいは、
微かなものを嗅ぎ分ける嗅覚、
聞き分けようとする耳
人生の色んな経験を重ねてきた声がピッタリです。

もちろん、左手の指板を押さえるのに、難しいコードもあります。
私は指も短く、指と指の開きも固いので、
チャレンジしては指を痛め、もう無理だなとあきらめているコードもあります。

秋になると、
蓋をしていた、その難しいコードにチャレンジしようという
意欲が湧いてきます。でも、でも、注意しつつです。

d0058064_17201593.jpg
Satoko

ライブスケジュール
9月のライブはここをクリックして下さい。

[PR]
トラックバックURL : https://bossatoko.exblog.jp/tb/21056154
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by bossatoko | 2014-08-28 07:38 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)